気ままにファイティング情報

気ままに格闘技、武道、プロレスなどの様々な情報を発信してまいります。

両足タックルのパターン


Takedown WITHOUT RISK of guillotine - by UFC Lightweight Jake Matthews

今回は両足タックルです。

タックルに入るまでは良いものの、相手の腰が重く、倒せない!

また、尻もちをつけさせたものの、暴れて逃げられた!

なんてこといっぱいありますよね!

そこで少しでも倒したの対処で使えそうなテクニックを探してたら見つけました!

動画のテクニックは倒し際に足を小外掛けして、そのままパスをするというテクニック!

また、このテクニックだとカウンターのギロチンチョークも掛けられにくいのかな?と

 

基本的なタックルの動画も掲載しておきます!

合わせてどうぞ!

 


・レッスン3.両脚タックル

基本は大事ですね!

なんかタックルが決まらないなーって時はもしかしたら基本が疎かになっているかもしれませんね!

腕十字をクラッチされた時の極め方

@viralbjj #腕十字 #グラップリング #bjj #ブラジリアン柔術 十字をクラッチされた時の極め方

インスタからの添付です!

 

十字の形に入ったものの相手のクラッチが強くて腕が取れない!って時ありますよね!

そんな時はこのテクニックを使いましょう!

咄嗟に使うのはだいぶ練習しなくてはいけないかもしれませんが試しに技練でかけてもらったら、なかなかの痛さでつい手を離してしまいました!

特に初心者の方は力づくでクラッチを切ろうとしがちですがこの様な細かいテクニックを覚えているととても便利ですね!

アンクルピック(ノーギ)


Ankle Pick Takedown for No Gi BJJ

こんにちは!

平日だとやはり、練習終りで帰りが遅くなるので更新頻度は下がってしまいますね・・

まあ、そんなこと言わず、がんばっていこうと思います!

今回は前回に紹介した、アンクルピックのノーギバージョンです!

ノーギの場合は襟がないので相手の首を抱える動きですね!

相手を崩す動作が重要となってきますね!

 

 

ちなみにノーギバージョンのアンクルピックはMMAの中でも大変有効な動きだと思います!

パンチでプレッシャーをかけながら、アンクルピックに入ったりもできますね!

その際は首を抱えずに相手の胸辺りを押しながら崩していけます!

動きも上下に振れるのでアンクルピックから逆にパンチを当てることができます!

動きにパターンが増えますので是非ともアンクルピックは練習してみてください!

 

 前回の道着バージョンのアンクルピックもご覧ください!

www.kocyanmma.work

 

手軽にタンパク質ソムリエ2

今回はこちら!

f:id:kocyanmma:20190526074329j:imageアサヒグループ食品 1本満足バー プロテインチョコ

 

 

間食時や小腹が空いた時に大活躍なプロテインバーですが一本満足バープロテインバーがありました! 

バーバーうるさいがご了承ください。
f:id:kocyanmma:20190526074332j:image

栄養素はこうなっております!

タンパク質は恒例の15gでパッケージにはアミノ酸が配合されている事をアピール


f:id:kocyanmma:20190526074326j:image

クランチチョコは私の好物ですのでGOOD!

硬いので注意してくださいとの注意書きがありましたが硬さは気にならなかったが半日近く放置してたので参考にはならないか?

 

出張先の東京にあるセブンイレブンで発見

大阪の行きつけのファミリーマートには置いてるのを見た事がなかった。

 

最近は色々なプロテインバーがあるから、めちゃ有難い!

どうやらヨーグルト味もあるみたい!

 

見つけた際は是非!

 

アンクルピック(道着)


Dominate Grips & Get the Takedown in BJJ with Ankle Pick

今回はブラジリアン柔術でのテイクダウンテクニックである、アンクルピックです。

柔道で言うところの朽木倒しですね!(現行の柔道では反則)

 

 

片襟で組んで相手を引きだしてから、相手のかかとを掬う。

 

シンプルですね!

テイクダウン方法はタックルやその他の投げ技があると思いますがビギナーの方にはややハードルが高い印象です。

ですがアンクルピックはある意味引いて足を掬うと割とシンプルな仕組みですので使いやすい印象があるのと柔術ではタックルを警戒して腰を引いて構えるパターンもありますのでアンクルピックからタックルに繋げたり、逆に投げを打って投げ切れなかったときに繋げたりと使いどころはたくさんあります。

スクランブルの動きの中で使えるととても重宝するテクニックだと思います。

ノーギでも使えるテクニックですのでまた紹介します!